2012年10月21日

いちじまふぁーむ そば工房 ブナの実 開設!!

市島でのそば道場併設の「ブナの実」がようやく形が整いました。
面積での割合ではそば処二分の一、道場四分の一、製粉所四分の一です。
IMG_いちじまふぁーむそば道場打ち台.JPG
打ち台は取りあえず3台セットしました。手前左の大きい木鉢は直径76cmで一孝庵で使用するつもりだったのですがあまりにも大きすぎて日の目が当たらなかったのですが、ようやく出番になりました。

本格オープンは11月1日です。ブナの実そば処は予約での営業となります。
お近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください

それから兵庫の方にお知らせですが、昨日(10月20日)地元神戸新聞に掲載されました。
ごらんください。
お店のネーミングについてはまたの機会に!
posted by 一孝庵の店長 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 市島そば道場

2012年10月20日

製粉装置搬入

10月18日「そば工房ブナの実」にそばの製粉する機械5台を据え付けました。
これで長年の思いであった玄そばからの製粉までの一貫生産が出来ることになりました。
良い材料でよりよいそば粉の提供ができることになります。
IMG_みがき.JPG
製粉する順番ですが、最初に玄そばを左の「みがき機」で土とかほこりなどを取ります。
右の「石抜き機」で小さい石を取ります。
IMG_選別機.JPG
綺麗になったそばの実を「選別機」で実の大きさを5段階に分けます(品種によりさらに細かく分けます)
IMG_脱皮機.JPG
そろったそばの実を「脱皮気」で玄そばから丸抜きにします(鬼皮を取る)
IMG_石臼.JPG
この「電動石臼」でそば粉にします。今回の石臼は直径50cmの大きさが有ります。
一孝庵にあるのは40cmの石臼です。
製粉能力が約2倍あり、2台で十分なそば粉が引ける事になりました。
次回はそば道場の紹介です
posted by 一孝庵の店長 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 市島そば道場

2012年10月16日

いちじまふぁーむ そば工房 ブナの実

市島のそば道場の開設準備で忙しく、
また、幌加内新そば祭り出店・いわき市そば祭り出店と
立て続けで日程が込んでました(言い訳でゴメン・・・)
いよいよ、長年の夢であった道場が11月1日で完成です。
一部は10月1日に開店していましたがほぼ開店休業状態でした。
お客様には大変ご迷惑をおかけ致しました。
お店の名称は「いちじまふぁーむ・そば工房・ブナの実」です。
何回かに分けて写真でご紹介します
今回は玄関と厨房です。
IMG_いちじまふぁーむ玄関.JPG
ガラスに映っているように山辺にあります。

厨房は一孝庵の釜に比べると二周りほど小さいです
コンパクトに出来ていて一人で調理するにはピッタリです
IMG_いちじまふぁーむ厨房.JPG
そば打ち道場がメインですが、そば処とそば製粉所を併設した店舗になります。
10月18日に製粉関連の機械が5台入荷します。
次回はその機械を紹介します。

posted by 一孝庵の店長 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 市島そば道場

2012年08月28日

市島そば道場とそば屋

先日、お知らせしました兵庫県丹波市市島町のそば道場とそば屋ですが
10月1日オープンに向けて鋭意努力する事になりました。
IMG_市島そば道場外観.JPG
外観は、屋根が青色で壁が赤色のレンガです

そば屋を営んでいるとそば粉を厳選すると玄そばを見分ける事に行きつきます。
それで、長年考えていた玄そばからの一貫製粉が出来るように製粉装置を購入して
玄そばから丸抜きにして、そば粉の製粉まですべての工程を私自身が出来る
製粉所も併設します。
IMG_市島そば道場店内.JPG
店内の様子

おいおいメールで順次お知らせします。

posted by 一孝庵の店長 at 12:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 市島そば道場

2012年08月21日

案山子祭り

かねてからの思いがあった、そば道場を開設する夢の実現を目指していましたが、
ようやく実現しそうです。
場所は、兵庫県丹波市市島町北奥で、舞鶴若狭自動車道「春日IC」下車15分の所です。
年内には開きたいと考えています。
先日伺った所、丁度「案山子祭り」があり沢山の案山子が展示されていました。
IMG_かかし祭案内.JPG
市島町鴨庄地区の祭りです
IMG_かかし祭1.JPG
50ほどの案山子が展示されていました
IMG_かかし祭3.JPG
NHKテレビにも放映されていました
IMG_かかし祭投票.JPG
素朴な投票箱?
この案山子祭りのすぐ横の奥にそば道場開設予定
詳しくは、次回に掲載します。
posted by 一孝庵の店長 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑談)

2012年08月07日

東京スカイツリー

久しぶりに東京へ行き、ミーハー気分で
東京スカイツリーを見えるホテルを予約し、
江戸の蕎麦屋さんのそばを食べました。
以前と比べると辛さがやわらいていた感じでした。
IMG_スカイツリー.JPG
蔵前のアパホテルより

翌日は、雷門から上野駅待ち合わせで、
一孝庵が取り組んでいる高速道路パーキングでの
手打ちそば提供の先進パーキング友部と三芳パーキングを
見学しました。
ひと月一万食提供しているそうで大変参考になりました。
一孝庵ではぼちぼち取り組んでいきます。
IMG_雷門.JPG
10年ぶりの雷門
posted by 一孝庵の店長 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年07月31日

新そば「春のいぶき」

平成24年度産の新そばが出てきました。
近年話題の春蒔きそばです、九州豊後高田が有名ですが
あちらこちらで栽培がおこなわれています。
品種は「春のいぶき」と言います。
一孝庵でも香川県綾歌産を少し仕入れて試食しました。
色は新そばの薄緑色で、味は淡白で旨みが少なく感じました。
IMG_春のいぶき.JPG
左が23年産の八ヶ岳山麓産、右が24年産の「春のいぶき」香川県綾歌産

ところで、ブログの更新が少なくてすみません
バタバタしていましたが、今後は更新していきます。
posted by 一孝庵の店長 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識

2012年06月26日

南三陸被災地支援そば打ちプロジェクト

6月4日〜8日まで南三陸町へそば打ちに有志で行きました
一度は行きたいと思っていたので、良い機会でした
車で約1000km12時間かかっての南三陸町に入りましたが
町の風景は、一年三カ月たった今でも復興には程遠いと感じました
IMG_南三陸がれき.JPG
今回の目的は、小規模な仮説住宅を訪問し被災者の方々と共同で出来る作業を呼びかけ、
交流を深め、また住民相互の交流につながる一助になればと願っての活動でした
IMG_南三陸そば打ち.JPG
歌津地区の寄木仮設住宅、韮の浜仮設住宅 志津川地区の入谷小学校仮設住宅、岩沢仮設住宅、
廻館仮設住宅、志津川中学仮設住宅の一日二か所、三日間で六ヶ所訪問しました
IMG_南三陸そば振る舞い.JPG
三日間活動した感想は、まだまだ復興には程遠く長期的な支援が大切だと感じました
IMG_南三陸風景.JPG 
志津川中学から見た風景ですが、町がすべて無くなっていて10年以上はかかると私は思いました
南三陸町の皆さんといろいろお話をして、再開を約束をして帰路につきました
posted by 一孝庵の店長 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2012年05月15日

白毫寺とそばんち

丹波屈指の古刹、天台宗五大山白毫寺へ行きました。
九尺藤で有名なお寺ですが、120mの藤棚からの花穂は
圧巻で香りもすごかったです。
IMG_白ごう寺の九尺藤.JPG
黒い斑点は蜜を取り気来ている蜂です

白毫寺はそば仲間の「そばんち」さんから国道175号線を挟んだ向かい側に有、
久しぶりにそばんとさん所に行った帰りに寄りました。
そばんちさんも行くたびに変化しながら進化しています。
今回行ってビックリしたのは、茶室が出来ていました。
ダルマストーブがありほっこりする空間が出来ていました。
IMG_そばんち茶房.JPG
駐車場前の看板

おそばの後「コーヒー」はいかがですか?
ちなみに一孝庵もコーヒーをお出ししています。
posted by 一孝庵の店長 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年05月09日

ミズノ養老工場見学

ゴールデンウイーク前に岐阜県養老にあるミズノの工場に見学にそば仲間と行きました。
バットやテニスラケットを主に作って売る工場ですが、バット作り名人の久保田さんが
そばの麺棒を作るようになりました。
久保田さんは、イチローや松井のバットを作っていますがその材料「青ダモ」「メープル」を
使って麺棒を作っています。
IMG_ミズノ久保田さん.JPG
久保田さんが麺棒を作っている所 カンナで仕上げている

青ダモは「イチロー選手」が愛用していて、メープルは「松井選手」が愛用し微妙に長さと形が違い
スイートスポットも違うそうです
IMG_ミズノイチローバット.JPG
私がイチロー選手愛用バットで、仲間の久保さんが松井選手愛用バット

この工場を見学できたのは、3月にいなべのそば祭りに担当の山下さんが見えられ、
機会があればぜひ見学に来てくださいとのことで実現しました。
たまたま同じ日に会津磐梯の長谷川さんも見学に来られていました。
IMG_ミズノ集合.JPG
右から石井さん、担当の山下さん、会津の長谷川さん、バット作り名人の久保田さん、私、久保さん

長谷川さんは会津磐梯でそば道場主で私の長い付き合いをしていますが、久保田さんの麺棒を使用しています。
久保田さんの麺棒は、仕上げが素晴らしく麺体の仕上がりが良くつやもよいです。
私もメープルの1mを作って頂き使用しています。
一孝庵に来たら実物を触れますので皆さんも機会があれば一度使ってみてはどうですか?

posted by 一孝庵の店長 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識