2013年05月29日

ハワイそば視察その2

ハワイホノルルに着いた初日に、ワイキキにある「松玄」行きました。
カラカウア通を少し入った所でほぼ満席でした。
IMG_20130517_松玄.jpg
ここも外見が日本のそば屋さんの雰囲気とはかなり違った印象があります

IMG_20130517_ざるそば.jpg
せいろで8.8ドル 海苔がのってるざるが9.8ドルでした

IMG_20130517_きつねそば.jpg
私はきざみきつねを頼みました、あげが大好きでハワイのあげはどんな感じと食べましたが、日本で売ってるあげと変わらなく美味しかったです12.4ドルでした
そばは、稲葉と違い星がなくきたわせ?の感じがよく出ていて喉越しの良いさっぱりしたそばでした
つづく


posted by 一孝庵の店長 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2013年05月28日

ハワイそば視察その1

5月17日から22日までハワイへ出かけました。ホノルル国際空港午前10時に着き、
地元の不動産さんにワイキキの商業施設の現状を聞きました。
予想以上に物価が高く、全米第二位の高さだそうです。
蕎麦屋さんは、有名店は二店舗あるます。ハワイ2013.5.17-22 012 (640x480).jpg
郊外にある「稲葉」さん 外観にはビックリ蕎麦屋さんとは思えない

ハワイ2013.5.17-22 015 (640x480).jpg
ざるそば10.99ドルです 少し星があり綺麗な細切りでした

ハワイ2013.5.17-22 014 (640x480).jpg
天ざる18.99ドル 日本の天ざるとほぼ変わらない 上に見えるのはバッテラ10.99ドル
バッテラは美味しかった
ホノルルのレストランはほぼすべてサービス料が入り15%から18%払います
続く 

posted by 一孝庵の店長 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2013年04月21日

福井県池田流蕎麦愛好会との交流会

4月13日に福井県池田町にある「ふるさと・ふれあい道場(そば道場)」の池田流蕎麦愛好会の吉田会長さん始め7名の方々が、そば工房・ブナの実で蕎麦打ち交流を神戸手打ちそばの会(こちらも本間会長と会員7名)と開催されました。
全麺協三段位、四段位を目指しての蕎麦打ちと情報交換会で、毎度のことながら盛り上がります。
池田道場メンバー.jpg
福井の方々とは、ご縁が深く先週も福井県美山町の「越前みやまそば元気の会」冨田理事長さん始め7名と「はりまの国麺道倶楽部」委員長大野さんと2人がブナの実見学と蕎麦打ちにご来店くださいました。
美山.jpg
同じような写真ですみません
 この日はたまたま「神戸手打ちそばの会」の前会長井上ご夫婦も遊びに来ていました。
また、昨日は若狭の「若狭蕎麦愛好会」平井会長以下10名の方々が蕎麦打ちにマイクロバスを借り切って来てくださいました。
福井の皆様ご遠方からありがとうございました。感謝 感謝です。


posted by 一孝庵の店長 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑談)

2013年04月16日

豊後高田の春そば

三月末に北九州のそば仲間「平尾台手打そば倶楽部」と一緒に、
今話題の春そば「はるのいぶき」を九州で一番栽培している
豊後高田市を訪問しました。
豊後高田市長と1.JPG
市役所で豊後高田市長と会談
豊後高田市長と2.JPG
平尾台手打そば倶楽部の方々と春そばの苦労話などを伺った
現在12件の豊後高田産のそばが食べれるお店があるとのことで
その内「響」に行きました
響き (1).JPG
栽培農家さんにもお会いして25年産の春そばを分けていただきたいとお話して別れました。
早ければ6月末にも新そば(春のいぶき)が食べれます!?
posted by 一孝庵の店長 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識

2013年03月29日

専門調理師・合格

専門調理師・調理技能士は、国家試験「調理技術審査・技能検定試験」に合格した者に対して厚生労働大臣から与えられる称号であり国家資格です。
本日合格者の発表があり、無事私は麺調理で合格しました。
専門調理師・調理技能士の認定・合格証書交付数は、平成23年4月現在33,787件(麺調理は493名)になります。
さて、先日鳥取県日南町にそば店仲間と訪れました。
毎年、良い玄そばを提供して頂き一度訪問したいと思っていましたがようやく実現しました。
標高350m〜600mの町でそば生産者は300人ほどです。
日南9 (640x480).jpg
のどかな所でした
鳥取日南ライスセンター1.jpg
立派なライスセンターです ここに玄そばを保存し夏場は温度調整をします
posted by 一孝庵の店長 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識

2013年03月18日

第三回いなべそば祭り

3月16日・17日の三重県いなべ市でにおいて、第三回いなべそば祭りが開催されました。
両日とも好天に恵まれた事と関係者の年々の努力のおかげで大盛況でした。
20123.3.16いなべそば祭り 020 (640x480).jpg
「そば食べ歩き」に参加した8店舗でわが仲間の神戸手打ちそばの会も参加し、今年は新しいメニューの
エビ天そばが人気でした。
20123.3.16いなべそば祭り 021 (640x480).jpg
準備中の風景

私も初回から講師として参加しています。
20123.3.16いなべそば祭り 026 (640x479).jpg
そばの話と1.5kgのそば打ち実演をしました。
今年は秋にもいなべそば祭りを計画しているそうですので近づいたらこのブログに掲載します。


posted by 一孝庵の店長 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸手打ちそばの会

2013年02月24日

大雪です!?

今朝起きると、市島町北奥は周りは一面銀世界です。
神戸とはやはり違って雪が降るのが多いです。
そば工房ブナの実も10cmほど積もっていました。
雪のそば工房.jpg
さすがにお客様の来なくて、製粉作業が順調に進みます。
大勢のそば仲間が定期的にそば粉を買って頂けるので助かります。
雪も日中には溶けるのでそれほど困らないのですが
雪になれない方はやはり危ないと思いますので
もう少し暖かくなってからお越しください
今後もご贔屓によろしくお願いします。
posted by 一孝庵の店長 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 市島そば道場

2013年02月19日

蕎麦鑑定士4級

先日ブログで言っていた「蕎麦鑑定士4級」の認定試験が18日京都市でありました。
私もこんな取組が好きなほうなので受けに行きました。
事前にお蕎麦屋さんを四件回り、食味体験レポートを提出しての受験です。
結果は、何とか認定されました京都会場では30名認定で、その前に東京会場では45名認定されました。蕎麦鑑定士4級2013.2.18 002 (480x640).jpg
麺類組合の会長・理事長である鵜飼良平氏(上野藪蕎麦総本店・当主)から直接認定書をいただく

認定試験内容は12種類のそばを食べ蕎麦の挽き方の違い、味、香りなどの特徴を知り最後13番目に12種類のどの1種類かを回答することでした。
合格後、講習会があり「蕎麦の健康講座」(蕎麦の栄養学)(蕎麦の食事学)を神戸学院大学の池田清和・小夜子さんから講座を聞き、続いて鰹節のマルサヤさんからそばつゆ、出汁の話がありました。
午前10時から午後5時までで、楽しい一日でした。
posted by 一孝庵の店長 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識

2013年02月16日

蕎麦切 ゆる里

蕎麦鑑定士受験必須のレポート提出の為
久しぶりに陶芸の里今田町の「蕎麦切 ゆる里」さんに行きました
先日店主前田さんご夫婦がそば工房ブナの実にご来店くださり話が弾み
近い内に行く約束をしていました(近頃は何かとバタバタしていて約束をしないと守れない?)
篠山から国道372号線を姫路方面に行きこんだ薬師温泉の入口にあります
ゆる里2013.2.15 全景 (480x640).jpg
以前は座って食べていましたが、2年ほど前からテーブルでなっています
定食類が豊富で私が感心するのは味噌汁が付いています(おかみさんの手作り)
ゆる里2013.2.15 セイロ定食 (640x480).jpg
蕎麦はすべて十割です もちろん手打ちです セイロ定食1200円
ゆる里2013.2.15 たぬき (640x480).jpg
私の店ではやっていない「たぬきそば」850円 
実は私の大好物ですがあげの味付けが下手でうまく出来ないので上手になれば出してみたいです

今回続けて他店のそばを頂きましたが皆さん努力をしている所がよく判り大変参考になりました
18日に蕎麦鑑定士の試験があります
また報告します



posted by 一孝庵の店長 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識

2013年02月12日

奥丹波蕎麦街道第二弾「川のsoba」

前回につづき奥丹波蕎麦街道第二弾です
今回は市島のすく奥の福知山市田野1067にある
「川のsoba」です 名前の通り小川のそばに有り
店主の松尾さんが約2年かけて古民家を改修して
昨年11月、ブナの実と前回のたかはし三店舗同時オープンしました
IMG_釜土.JPG
自慢の手作りカマド

そばと、あまごの塩焼きをメニューにしています
急にお邪魔したので、あまごの塩焼きはできませんでしたが
そば三種類出して頂きました
IMG_細切り.JPG
まず、細切りです 0.8mmを目標に仕上げているそうです
IMG_荒挽き.JPG
次の荒挽きです これは大変手間のかかる作業をしています すりこぎで丸抜きをすり潰したのを三割混ぜて打ったそばで荒挽きの食感が良く出ています
IMG_おろし.JPG
最後に辛み大根二種類を二八そばに絡めて食べました
赤い大根の方が辛くて良く特徴が出ていました
店主のそばに対する意気込みを感じた所です
私も頑張らなくては・・・?
posted by 一孝庵の店長 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | そばの豆知識