2012年12月31日

年越し蕎麦

蕎麦屋で一番忙しい日12月31日大晦日
年越し蕎麦を朝から打っています
実は、発送の分が有るので30日から打っています
普段は打たない3kg玉を打ちますが、
通常は使わない直径76cmの木鉢の出番がやってきます
3kgでも楽々水まわしが出来ます
練り込むのが大変ですが早く打つ時は大玉が
やはり効率的です
IMG_年越しそば打ち.JPG
そば打ち仲間にも手伝ったもらいました 

そば工房「ブナの実」での初めての年越し蕎麦打ちです
一孝庵での打ち場は1か所しかなかったので
広々と打てて忙しく感じないのが良いです
今年は特に一年間があっと言う間に経ちました
皆様には今年も色々とお世話になりとても感謝しています
よいお年をお迎えくださいませ



posted by 一孝庵の店長 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2012年06月26日

南三陸被災地支援そば打ちプロジェクト

6月4日〜8日まで南三陸町へそば打ちに有志で行きました
一度は行きたいと思っていたので、良い機会でした
車で約1000km12時間かかっての南三陸町に入りましたが
町の風景は、一年三カ月たった今でも復興には程遠いと感じました
IMG_南三陸がれき.JPG
今回の目的は、小規模な仮説住宅を訪問し被災者の方々と共同で出来る作業を呼びかけ、
交流を深め、また住民相互の交流につながる一助になればと願っての活動でした
IMG_南三陸そば打ち.JPG
歌津地区の寄木仮設住宅、韮の浜仮設住宅 志津川地区の入谷小学校仮設住宅、岩沢仮設住宅、
廻館仮設住宅、志津川中学仮設住宅の一日二か所、三日間で六ヶ所訪問しました
IMG_南三陸そば振る舞い.JPG
三日間活動した感想は、まだまだ復興には程遠く長期的な支援が大切だと感じました
IMG_南三陸風景.JPG 
志津川中学から見た風景ですが、町がすべて無くなっていて10年以上はかかると私は思いました
南三陸町の皆さんといろいろお話をして、再開を約束をして帰路につきました
posted by 一孝庵の店長 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2012年04月21日

手打ちそば教室「すずか」

先週、三重県鈴鹿市の手打ちそば教室「すずか」へ指導に行きました
IMG_手打ちそば教室「すずか」1.JPG
蔵を改装して教室を開き二年になりますが、生徒さんも徐々に増え、
昨年秋全麺協「初段位」認定者14名をだし、今年も二段位を
受験予定です
立派な蔵の中でもそば打ちですので、夏涼しく冬温かくて年中気温差が
あまりなく、理想的な環境です
IMG_すずか「室内」.JPG
中二階茶室からの「そば打ちの様子」
教室開設から関わっていますが、皆さん勉強熱心で「道場主」岡田さんのきめ細やかな指導で
メキメキ腕を上げています
私も初段、二段を認定された時の事を懐かしく思い出します
posted by 一孝庵の店長 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2012年03月23日

古民家で一日そば店!?

3月21日の定休日に丹波市市島町の古民家で一日そば店「一孝庵」を開店しました。
近い将来、田舎に引っ越し?そば道場を兼ねた蕎麦屋を考えていて、市島あたりを検討中なので
市島町北奥の古民家をお借りしての一日蕎麦屋を地域の方々に無料でふるまいました。
RIMG1794市島の家振る舞い.jpg
台所に昔懐かしい「へっついさん」がまだ現役で使えました
IMG_かまど.JPG
のどかで、のんびりしていて良い所でした。
次の日22日に地元版の神戸新聞・朝日新聞に掲載されました。
IMG_新聞掲載.JPG
田舎で良い物件があればご連絡をお願します。
posted by 一孝庵の店長 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2011年09月11日

おわら風の盆と八尾そば大楽

先日の連休にそば仲間の「八尾そば大楽」代表の篠川さんが
ぜひお越しくださいとのことで富山県八尾に行きました。
八尾と言えば「おわら風の盆」ですね!!
旧町の11町で行われます。
11の町が自分の町を中心にそれぞれ自主的に行っており、一堂に会するような事はありません。
私は福町を見学しました。
「おわら」とは
一説では、江戸時代文化の頃、芸達者な人々は、七五調の唄を新作し、唄の中に「おわらひ(大笑い)」という言葉を差しはさんで町内を練り廻ったのがいつしか「おわら」と唄うようになったというものや、豊年万作を祈念した「おおわら(大藁)」説、小原村の娘が唄い始めたからと言う「小原村説」などがあります。
「風の盆」の由来
二百十日の前後は、台風到来の時節。昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、豊作祈願が行われてきました。その祭りを「風の盆」というようです。また、富山の地元では休みのことを「ボン(盆日)」という習わしがあったと言われます。種まき盆、植え付け盆、雨降り盆などがあり、その「盆」に名前の由来があるのではないかとも言われています。
IMG_2風の盆.JPG

次の日、そば打ちの交流をしました。
IMG_八尾そば大楽.JPG
みなさんお上手でいつも我身を振り返ります。
楽しい旅行でした、八尾そば大楽の皆様ありがとうございました。
posted by 一孝庵の店長 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2011年04月14日

平尾台手打ちそば倶楽部と交流

4月に入りそば打ち交流も再開しました。
本年は九州地区に交流を増やそうと思っています。
まず、北九州に「平尾台手打ちそば倶楽部」との交流会を
先日の休みに加西市の山本ご夫妻と訪問しました。
会員は50数名で毎月第一日曜日が定例会で皆さん熱心に練習されています。
平尾台は石灰石の地質で有名な秋吉台より広大な感じに私は見えました。
九州も私の知っているかぎり北九州・大分・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島でそば打ちが盛んです。
将来的には、九州でも全麺協の認定会を開催したいので
それに向けとの努力中です。
本年中にまた九州に訪問予定です。
IMG_平尾台1.JPG

IMG_平尾台2.JPG
平尾台を背景に記念写真
posted by 一孝庵の店長 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2011年03月16日

「いなべのそば祭り」で義援金

3月11日に東日本を襲ったこのたびの大震災の被害に遭われた皆さまに心よりのお見舞いを申し上げます。
大震災直後の12日・13日に三重県いなべ市「第一回そば祭り」が実施されました。
出店した全麺協加入B会員の5ブース6団体(ふくいそば打ち愛好会・宝塚専心会・なにわ天下茶屋そば打ち倶楽部・神戸手打ちそばの会・下河内の里山を守る会・いなべ市蕎麦打ち同好会「雅」)が話をし、収益の一部10万円、私が2万円合計12万円を全麺協を通じて義援金を送ることにしました。
会場においても募金箱が置かれて入場者の方々にもご協力いただいきました。
1日も早く復興することを願っています。
IMG_いなべのそば祭.JPG
posted by 一孝庵の店長 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2011年02月27日

いなべのそば祭り

3月12日(土)13日(日)に三重県いなべ市「梅林公園梅まつり」(いなべ市藤原町鼎717)
会場内において第一回いなべの里そば祭りが開催されます。
いなべ市は近年そばを通じての地域おこしをしており、私も微力ながら協力しており、
関係者の努力もあり第一回のそば祭りが開催のはこびになり6店舗が出店します。
梅林も東海地区最大級の100種4500本もそば祭りの時が見ごろになるそうです。
入園料500円が要りますが皆様のご来場をよろしくお願い申しあげます。
IMG_1いなべ玄そば.JPG
「いなべ産」の玄ソバ袋を新しく作りました



posted by 一孝庵の店長 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年09月06日

福井名人戦・兵庫三田予選会速報!!

IMG_1185.JPG
山口そば遊人会の方々

9月5日に第十五回「全日本素人そば打ち名人大会」の兵庫県三田予選会が三田永沢寺そば道場で行われました。
結果は、21名参加中埼玉の関崎さん、大阪の小寺さん、兵庫の三宅さんの三名が本線出場します。
4日には予選会出場するために山口からそば仲間が一孝庵にお来店くださいました。初めての予選会出場で少し緊張していた感じです。本人も大変勉強になったと言っておられました。
予選会もあと大阪予選が残すのみとなりました。
posted by 一孝庵の店長 at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年09月03日

新そば入荷!!

待ちに待った22年度産のそばの実が入荷しました。
試しに埼玉の三芳産が先週入荷してお客様に提供していましたが、
9月に入り本格的に入荷するようになりました。
今週は一孝庵では初めての秋田県横手産を打っています。
種の種類は南部在来だそうです。
淡い薄緑色が新そばらしくきれいな色に仕上がります。
皆様のご来店をお待ち申し上げております。
posted by 一孝庵の店長 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年08月20日

山口県そば道場「山宝庵」

IMG_1159.JPG
真ん中の方が道場主

かねてからの約束だった山口県へ訪問しました。
こちらに勤務していた、そば仲間が定年と同時に故郷へ戻り実家を改装してそば打ち部屋も作り近い将来そば道場を開く予定です。
道場の名前は「山宝庵」と決まっております。
折角山口まで出かけたので、そば仲間とのそば打ち交流会(いつもの蕎麦談義)も盛り上がり楽しい一時を過ごしました。
posted by 一孝庵の店長 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年08月13日

電動石臼〈そば自蔵〉 

IMG_1102.JPG
製作途中の石臼

北海道そば視察の続編です
ぼたんそばの視察に付き合って頂いたのが滝川市の山本さんです。
山本さんは北海道で唯一の五段位(全麺協そば打ち段位)で本職は石材店を経営されています。平日なのに一日中私たちのお付き合いをしてくれました。
本職のわざを生かしてそばを挽く石臼作っています。試行錯誤を重ね今ではすごい電動石臼を完成させました。
興味のある方は(株)山本石材 電話0125-22-2488です
posted by 一孝庵の店長 at 20:01| Comment(1) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年07月20日

日本そば大学講座神戸須磨学舎その2

IMG_1060.JPG
昨日のつづき
第三日に最後の講座で私も講師を務めました。題は『電鉄変電所技師から手打ち蕎麦屋への転身』一時間の講演で蕎麦屋の実情を中心になんとか無事お話できました。
期間中久しぶりにお会いするそば仲間ばかりで「地域間交流」の名の通り、お酒も入り大いに交流できました。
本年の日本そば大学講座は全麺協の四段位、五段位受験の必須条件で第二回五段位は9月10日から12日まで富山県利賀村で1.5kgの生粉打ちを含め五項目の受験科目があります。四段位は11月福井市で行われる日本そば博覧会の中で開催されます。
実施の詳細はまた後日に。
posted by 一孝庵の店長 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

日本そば大学講座神戸須磨学舎その1

IMG_1056.JPG
目立ちすぎの私です!!御免なさい
7月17日(土)〜19日(祝)まで全麺協日本そば大学講座「神戸須磨学舎」がシ―パル須磨で、北は北海道、南は北九州まで全国各地から総勢250名の参加者が有り盛大に開催されました。
井戸兵庫県知事から祝辞を頂き、2泊3日で8講座受講する内容です。
一日目の夜はそば打ち、二日目の夜はうどん打ちをし、翌日の昼食に提供されました。
続きはその2で書きます。
で、16日(金)に栃木・那須手打ちそば倶楽部の中原会長始め3名と東京・青山学舎の石野代表始め2名の方々がわざわざお店にご来店くださいました。
私も昨年那須の方まで伺った時に大変お世話になり、神戸に来る時はぜひお越しくださいと申していた事が実現しました。
暫らくぶりの再開で話が盛り上がりました。
posted by 一孝庵の店長 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年07月01日

本山西ふれまちでのそば打ち

IMG_1{.JPG

IMG_R.JPG
IMG_S.JPG
(屋根の鬼板)
先日の休みに「本山西ふれあいのまちづくり協議会」へそば打ちに行きました。
神戸手打ちそばの会のメンバーにもお手伝い頂き、無事終わりました。
知らない地域でのそば打ちはいろんな発見があります。この地域は「野寄区」と言うそうでふれまちの建物も大日女尊神社(おおひるめのみことじんじゃ)の境内にあり、同じ境内に野寄区の「地車」がありました。見事な地車で近くで見るのは初めてで、地車の中に「太鼓・鉦・半鐘」の3つの鳴り物がつきもので、東灘で31基も地車(だんじり)があるそうです。
posted by 一孝庵の店長 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年04月21日

「加佐登そば塾」道場開き!!

IMG_0835.JPG
IMG_0841.JPG
初打ちの岡田塾長

鈴鹿市のそば仲間が蔵を半年かけて改装し蕎麦道場を作りました。
その道場開きにお招きを頂き参加し、初打ちを見てまいりました。
蔵の二階には立派な茶室(ご夫婦ともに長年茶道を心得ています)も設け、厨房も本格的な釜が2台セットされていました。
前夜にお披露目パーティもあり楽しい宴でした。

posted by 一孝庵の店長 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年03月15日

日本全国そば巡り!!その後

全国そば巡りですが
北海道→宮崎県→長野県→広島県→新潟県→島根県と巡り
今週は鹿児島県肝付産(種子は鹿屋在来)です
まだまだ全国の産地を当たっていますがスムーズに進んでいませんが、私のそば仲間、製粉業者の協力で先日から新たに中国の山口県、四国の香川県、東海の愛知県、東北の福島県、以上のそばが手に入りました 
今後もまだ入荷できていない府県を細いパイプで当たっています
posted by 一孝庵の店長 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年02月16日

日本全国そば巡り第三弾!

今週のそばは長野県山の内町夜間瀬産です
場所は北志賀高原のふもとで、標高600mから800mです
収量は、収穫直前に雪が降り平年はすぐに融けるのですが、昨年は残り平年の二割しか収穫できませんでした
次回は広島県比和産です
posted by 一孝庵の店長 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年02月07日

日本全国そば巡り第二弾!!

日本全国そば巡り第二弾は宮崎県都農町「尾鈴山麓」産です。
種は鹿屋在来種でもともと鹿児島県の在来種です。
在来種特徴の少し小粒の品種です。
十割も全国そば巡りの間は同じ物で打ちます。
2月14日までです、次回は長野県夜間瀬産(信濃1号)の予定です。
posted by 一孝庵の店長 at 20:51| Comment(1) | TrackBack(0) | そば打ち

2010年02月01日

比良里山クラブ

IMG_0585.JPGIMG_0588.JPG
ひょんなことでお知り合いになった滋賀県の「比良里山クラブ」へそば打ちに神戸手打ちそばの会のメンバーと1月30日に一緒に出かけました。
「比良の里山に集まらんせ!」と名うって、座談会あり、石窯ピザ、まき割り、まきで沸かす足湯など盛沢山のイベントの一つにそば打ちと温かいかけ蕎麦をふるまいました。
比良里山クラブは、里山の保全や子どもたちの自然体験・環境学習をテーマに活動することを目的に設立されました。地元比良の皆さんとの交流を通じて、湖西(旧志賀町)地域に残る伝統文化や自然の資源を生かすためのさまざまな課題に取り組みながら、里山の活性化と魅力づくりに取り組んでいます。
HPは、http://hira-satoyama.net/index.htmlです。
posted by 一孝庵の店長 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そば打ち